海外のお日記

2014年にオーストラリアへ初めての留学。学生ビザで5ヶ月間語学学校に通った後に日本へ帰国するも、半年後にオーストラリアへ戻り障がい者支援の仕事を始める。1年働いた後、日本に帰国。2016年9月にオーストラリアへ戻り翌年4月には帰国。 2017年9月よりワーキングホリデービザでカナダへ。現在は保育園にて勤務中。

Traffic history その1

※はじめに

これはあくまで2017年8月にTraffic history申請時の情報です。このブログにある文章及び内容に関してその正確性等、例え掲載内容に誤りがあった場合も一切責任を負いません。また、これによって確実にTraffic historyが手に入るとは限りませんし、あくまで個人の経験談をシェアしているだけですので予めご了承下さい。参考程度に見ていただけると幸いです。

 

オーストラリアでのワーキングホリデーの後、カナダにワーキングホリデーに行く方で"Traffic history"というものが必要だけれどどうやって手に入れたらいいのか、そもそもそれは何なのか、という方のためにこの記事を書かせていただきました。よかったら参考にして下さい。

 オーストラリア(QLDまたはVIC ) に渡航歴が6ヶ月以上ある方で、カナダにワーキングホリデーでいこうとしている方はTraffic hisotryという書類の提出をカナダ政府から求められることがあります。

 

 こちらがそのレターです。

f:id:jin_3103:20170915151549j:plain

このレターで提出を求められるのは主に2つあります。

 

 ・National Police Certificate ( 無犯罪証明書 )

 オンラインで申請。身分証明(パスポート、バンクステートメント、 クレジットカードなど)をアップロードして一定の点数をみたす。また、指定の書類に記入しサインする。10〜20日位で届きます。

 

 ・Traffic historyもしくはlicense history ( 運転履歴証明書)

オーストラリアのQLDもしくはVIC州に渡航歴が一定期間ある人はカナダ政府に提出を求められることがあります。また、オーストラリアの運転免許証を持っている人、オーストラリアの運転免許証を持っていない人で申請方法が異なります。

 

さて、ここからこの記事はTraffic historyの詳しい申請方法について書いていきます。

 

  まずオーストラリアの免許を持っている方

www.qld.gov.au

ここからオンラインで申請ができます。また、オーストラリア国内にいる方は直接Transport and motoring customer servise centerに直接いく事で申請が早くできるでしょう。

・Cost (費用) : $23.25

・Evidence of identity (身分証明書) : オーストラリアの運転免許証、クレジットまたは

 デビットカード、パスポートなど指定の3点

 

※Evidence of identityについてはこちら(https://www.qld.gov.au/transport/licensing/driver-licensing/identity )を参照。

 

 次にオーストラリアの運転免許証を持っていない方は...

レターには運転免許証を持ってない方も「持っていない」ということを証明して下さいとの記載があります。よって運転したことがない方も提出しなければなりません。

しかしオンラインでTraffic historyを申請するにはオーストラリアの運転免許証に書いてあるナンバーがいります。でも運転免許証がない、という。

 

まず一つ言えるのはそれでもTraffic hisoryは取得できるかもしれません。

 

それについては次の記事で書いていきます。