海外のお日記

2014年にオーストラリアへ初めての留学。学生ビザで5ヶ月間語学学校に通った後に日本へ帰国するも、半年後にオーストラリアへ戻り障がい者支援の仕事を始める。1年働いた後、日本に帰国。2016年9月にオーストラリアへ戻り翌年4月には帰国。 2017年9月よりワーキングホリデービザでカナダへ。

Traffic history あとがき

Traffic historyについて、その1〜その3まで書いてきました。が、ここからは個人のぼやきのようなものになりますのであしからず。

 

Traffic historyの提出についてここまでやっかいだとは思っていませんでした。

オーストラリア政府のホームページをみても分からないことがあったり、政府に電話してもこれといったアドバイスがもらえず。カナダ政府に「Traffic historyが訳あって手に入らない」とメールなどで状況を説明しても通らず。

電話口でTransport and motoring customer service centerのおばちゃんとケンカもしました (おばちゃんには申し訳なかったけれど )。

 

そんな中、同じような状況の人はいないかとネットで検索する。Traffic historyについてブログを書いている方々を見つけるもはっきりしたことは分からず。今や大体のことはネットで分かる世の中なのに、Traffic historyについてこれだけ調べてもはっきりしたことが分からないとは。それこそ自分のような状況の人にとってこれといってTraffic historyを申請する為に確立された方法がないからなのでしょう。

だからこそ、もしTraffic historyが申請できた際はどこかに情報提供をするかブログを書こうときめていました。そして今この記事を書いているのであります。

自分は申請をする中で3回位はあきらめかけました。Traffic historyごときでそんな!と思うかもしれませんが、自分にとってそれだけしんどかったのです。だからこの記事が少しでもカナダへ行きたい方(オーストラリア渡航歴がある方)の参考になればなぁと思っております。

もしこの記事をみて実際に申請をして「申請できた」「申請できなかった」という方がいらっしゃいましたら是非コメントをいただけるとありがたいです。その情報を記事に追記させていただきます。

また、質問等あればコメントをいただければと思います。

 

カナダのワーホリ申請中の方々がみなさんカナダにいけますように。

 

 

 

 

トラフィックヒストリー, ライセンスヒストリー, カナダ, ワーキングホリデー, オーストラリア, Traffic history, License history, Canada, Australia, Working holiday

Traffic history その3

※はじめに

これはあくまで2017年8月にTraffic history申請時の情報です。このブログにある文章及び内容に関してその正確性等、例え掲載内容に誤りがあった場合も一切責任を負いません。また、これによって確実にTraffic historyが手に入るとは限りませんし、あくまで個人の経験談をシェアしているだけですので予めご了承下さい。参考程度に見ていただけると幸いです。

 

Traffic history その3では、自分がTraffic historyの申請・入手そして提出までにしたアプローチ方法、その他アプローチについて書いていきます。

 

・ビザ申請代行会社の利用

ネットで調べると、カナダのビザを2万円程度で代行申請している会社があります。Traffic historyの申請についてあまりにも分からないのでこういったビザ申請代行会社の利用を考えて問い合わせをしました。

結果的に、多くのビザ申請代行会社はカナダビザの申請代行をしていますがその際の提出書類となるNational Plice certificateやTraffic historyについては代行の申請をしてないようです。ただし、申請のアドバイス等はしているそうですのでもしかしたら有益な情報が手にはいるかもしれません。

また、問い合わせの結果「申請代行ができます。Traffic historyやNational police certificateはいりません。」と言い切ったビザ申請代行会社もありました。ですが個人的にあまりそういった会社(Traffic historyはいらないなどという会社)に依頼するのはよい方法ではないと思います。

ここからはあくまで推測の話となりますが、おそらくその代行会社はビザ申請代行の際に申請する渡航歴の申告をしていないまたはごまかしている可能性があります。そこを申告しないもしくは虚無の申告をすることで、カナダ政府からTraffic history提出のレターがこないようにしていると考えられます。

実際、電話口で以上のようなことはないか、今後入国の際やその他のビザ(永住権やビジネスビザ等)を申請する際に弊害になったりしないかという点を問い合わせた所「うちはビザの申請代行をするのみでその他の事、その後のビザの事等に関しては一切責任を負えません。」という返答の一点張りでした。メリットとしてはTraffic historyなしでカナダのビザがすぐ手に入る事、デメリットとしては渡航歴についてうやむやにして申請をしている可能性があるため不安が残る事です(入国の際または今後のビザ申請に影響しないか)。

 

 

カナダ政府へのアプローチ

自分は身分証明書の不足によってTraffic historyが申請できないと気づいた時、カナダ政府からきたTraffic history提出のレターの下部にあった

f:id:jin_3103:20170915195640j:plain

という文を見つけました。

要約すると「訳あって書類が提出できない場合はその説明文を書いてそのファイルをアップロードして下さい。」とのことでした。

そのレターに従い、実際Wordで説明文を書いてPDFファイルにしアップロードしました。しかし、数日後に届いたのはTraffic historyレター(以前届いたものと同様のもの)でした。結果、自分の場合は免除されませんでした。

またその後、カナダ政府の問い合わせフォームからメールにて同様の説明文を送り指示を仰ぎましたが「説明文を書いてアップロードして下さい。」という内容でした。

結果、「身分証明の不足及び、現在日本在住のためそれを手に入れることが困難。よってTraffic historyを申請することができない。」という理由ではTraffic historyは免除されませんでした。

 ということで、どうにかしてTraffic historyを手に入れなければならないということです。では、どうやって自分は入手したのか。

 

 

では、ここからは自分がこれは自分がTraffic historyを申請するにあたり、オーストラリア政府または機関にしたアプローチ方法を書いていきます。 

 

・オーストラリア政府へのアプローチ

 

1, オーストラリア政府への電話、問い合わせ

オーストラリア政府に身分証明書の不足について電話で問い合わせをしたら「そういった場合どうしたらいいか分からない。」とのこと (さすがオーストラリアです)

 その後「〜はどうか」等の提案はされましたが結果的に有効な回答は得られませんでした。管轄外なのかあまり分からないようで、電話口の方も政府のホームページを見ながら回答してみえました。

 

2, Transport and motoring customer service centerへの問い合わせ

Transport and motoring customer service centerに問い合わせをした際、パスポート、クレジットカード、あとは代替として日本のクレジットカードを提出するよう言われました。またタックスファイルナンバーを取得した際に手元に来た手紙でもいいと言われました。しかし、これはTransport and motoring customer service centerによって代替となる書類は異なるようです( さすがオーストラリアです)

期限切れの学生証、国際免許証、Visa Granted (ビザが降りた時のメールのコピー)、ブルーカードやイエローカード、語学学校の卒業証書等は該当しないと言われました。

 

 

では結果的に自分はどうやってTraffic historyを手に入れたのか。

自分の場合は少々異なる手を使いました。

・1回目の申請(却下)

身分証明書としてパスポート、クレジットカード、Visa Granted(ワーホリビザが受理された時のレター)、国際免許証などを認証し、オーストラリアにいる友人に郵送しました。そしてTransport and motoring customer service centerに直接行ってもらいました。ですが、やはり身分証の不足で却下されました。また、代替として何を提出したらいいかを聞いても「こちらは何もできない。」と言われてしまいました。

 

・2回目の申請(受理)

再度違うオーストラリアにいる友人に頼みまた別のTransport and motoring customer service centerに行ってもらいました。その友人もTraffic historyを必要としていたので申請をすると、友人はパスポート、オーストラリアと日本のクレジットカード1枚ずつ提出して見事受理され、その場でTraffic historyを発行してもっていました。

そして、自分はそこのスタッフさんと電話で直接話し指示を仰ぎました。そのスタッフさんの指示通り、友人にそこで申請料だけ支払ってもらい、指定されたメールアドレスに領収書の番号を書きメールをして指示を仰ぐように言われました。

メール先の相手に自分の状況を伝え、持っている書類とどれか該当するものはないかと聞くとタックスファイルナンバー取得時の手紙が有効であると言われ、それとパスポート、クレジットカードのコピーを認証しメールで提出するように言われました。そして数日後、無事にメールにてTraffic historyを手に入れました。

実際、友人が支払いをしてたからメールでの提出と申請ができたのか。そうでなければやはりチェックをとって郵送でなければならなかったのかもしれません。

もし問い合わせても上手くいかない場合でオーストラリアに友人がいる方はこういった方法であれば同じように申請ができるかもしれません。

 

 

以上が、自分が実際にしたアプローチについてです。

Traffic history その2

※はじめに

これはあくまで2017年8月にTraffic history申請時の情報です。このブログにある文章及び内容に関してその正確性等、例え掲載内容に誤りがあった場合も一切責任を負いません。また、これによって確実にTraffic historyが手に入るとは限りませんし、あくまで個人の経験談をシェアしているだけですので予めご了承下さい。参考程度に見ていただけると幸いです。

 

 

オーストラリアの運転免許証を持っていない人のTraffic historyの申請方法はいくつかあります。

 

・オーストラリア国内にいる方

Transport and motoring customer service centerもしくはQGAP office, Police stationへ直接行って支払い、指定された身分証明書(身分証明書が不足している方については以下に説明もありますが、基本的にそこのスタッフの指示に従う方がいいと思われます。)を提示して下さい。そこで指示に従えば手に入れることができます。

 

 ・オーストラリア国外にいる方 (※自分はこれに該当しました)

Transport and motoring customer service centerへ指定の書類と身分証明書を郵送(場合によってはメールでもいけるかもしれません)します。

ただし、これにはちょっと注意すべき点があるのでそれについて説明していきます。

 

まずオーストラリア政府のホームページでTraffic historyについて見てみると申請方法には3種類あります。

1, オンライン(オーストラリアの運転免許証がある方のみ)

2,Transport and motoring customer service centerへ直接行く(オーストラリア国内にいないとできない)

3, 郵送 ( オーストラリア運転免許証がなく、オーストラリア国外にいる方 )

 

よって、オーストラリアの運転免許証がなくオーストラリア国外にいる方は必然的にの郵送のみが選択肢となります。それについてはオーストラリア政府のホームページに以下のように説明がありました。

(※赤字の部分は翻訳し付け足しました)

By mail

You can lodge a request for your own information by mail if you are interstate, overseas or in a remote area. (1, オーストラリア国外にいる場合は郵便にて受付している)

To apply by mail you must:

complete a

  • complete a release of information application (F2121) (2, 指定の書類を記入する)
  • organise certified copies of your evidence of identitydocuments (3,身分証明のコピーを準備する)
  • they must be certified (with the words ‘I have sighted the original document and certify this to be a true copy of the original’) in English by a
    • Justice of the Peace
    • Commissioner for Declarations
    • doctor
    • police officer
    • solicitor, barrister or judge
    • consular or ambassadorial office
    • notary public (4, 身分証明が正しい書類であることを"I have sighted the original document and certify this to be a true copy of the original"と書いた上で一定の場所で証明 (認証)してもらう)
  • include a cheque or money order, for the required fee, payable to the ‘Department of Transport and Main Roads’ 
  • mail your completed form, certified copies of your evidence of identity documents, and cheque or money order (do not send cash) to (5, チェックかマネーオーダーで申請料を以下の住所に支払う)
  • Department of Transport and Main Roads
    Customer Service Support
    GPO Box 2451
    BRISBANE  QLD  4001

 

以上の5つが申請の上でのポイントとなります。ですが以上のことについてよく分からない点があると思います。それは...

1, 郵送でなければいけないのか。

2, 指定の身分証明書がない場合はどうしたらいいのか。

3, 身分証明書の認証はどこでしてもらえばいいのか。

4, チェックとマネーオーダーはどこで手に入るのか。

 

とうことです。ではこれについても順に説明していきます。

 

 

1,郵送でなければいけないのか。

日本国内またはオーストラリア国外にいる方でオーストラリアの運転免許証を持っていない方は、ホームページに記載のある通り基本的には郵送しなくてはいけません。ただし、ホームページには郵送でとありますが、自分の場合はメールで済みました。以下に記載していきます。

 

2, 指定の身分証明書が足りない。

このページhttps://www.qld.gov.au/transport/licensing/driver-licensing/identityで身分証明書について確認した方で該当する身分証明書が3点もない方もいらっしゃると思います(A群から1つ+Bから2つ、もしくはA群から2つ+B軍から1つ) 。学生やワーキングホリデーでオーストラリアにいた方で主に該当しそうな身分証明書といえばオーストラリアの免許証、18+カード、パスポート、クレジットかデビットカード、学生証などでしょう。(学生証についてはおそらく在学中のものが有効。期限切れのものは無効だと思われます。)

自分の場合はパスポートとクレジットカードのみしか該当しませんでした。

これについてはオーストラリアのTransport and motoring customer service centerへ電話かメールで問い合わせをして下さい。

電話であればどこのセンターでもいいとは思いますが、自分が以前滞在していたエリアの方がいいと思います。またこれはあくまで自分の意見ですが、シティ近辺にあるセンターに電話をするのがおすすめです ( 外国人の申請に慣れているので ) 。ただし、サービスセンターによって言うことが異なるので気をつけて下さい。1つ目に電話したセンターでは「身分証が不足していれば申請できません」と言われましたし、2つ目では「代替の身分証で申請できます」との返答がありました。代替の書類の基準はセンターによって異なるようです。

しかし、郵送先の総合窓口である①Transport and motoring customer service center②個人で問い合わせるセンターは別であると推測されるため注意が必要です。つまり①のセンターと②のセンターでは認められる身分証明書が違う可能性があり、②のセンターで指示された書類を①の郵送先に送付しても拒否される可能性があります。これはかなりややこしい問題ではありますが、電話で入念に確認するか、以下で紹介するメールアドレス ( メールの相手先はおそらく郵送先と同じ総合窓口なので ) にて確認するといいと思います。

メールアドレスはpaid_searches@tmr.qld.gov.auに問い合わせをしてみましょう。しかし一応公式的には郵送のみの取り扱いになるようなので取り合ってもらえるかは分かりません。実際に自分の状況を説明し、どういった書類を提出すればいいか問い合わせをしてみましょう(駄目元で連絡、問い合わせをしてみることをお勧めします。)

自分はサービスセンターに電話し、このメールアドレスにメールするよう言われました。そこで自分の状況を説明し、持っている身分証明になりそうなものを伝えました。そしたらその中に代替となるものがありそれを認証しメールで添付することでTraffic historyを申請することができました。

 

3, 身分証明書の認証はどこでしてもらえばいいのか。

まず、認証とは署名、署名押印又は記名押印の真正を公証人が証明することです。

身分証明の認証をしてもらえる場所として、日本国内でいうと公証役場がそれにあたると思います。また、警察署や外務省関係の機関等でされた方もいるようですがこれに関しては分かり兼ねますので各自問い合わせをされるといいと思います。(自分の場合、周辺では公証役場しか該当しませんでした。)

 

公証役場での認証には

・身分証明書とその身分証明書のコピー

・宣誓書

・申請料 (役場によるが自分の場合は15000円〜20000円位でした)

を準備しました。(あくまで自分のケースですが)

 

宣誓書は

 

f:id:jin_3103:20170915172913j:plain

こんなのを自分で作成しました。黒くなっている所は名前です。英文の中に自分の身分証明書について書いてありますが、それは各自異なるのでこのまま使用はできませんので気を付けて下さい。

自分で作成する方は上記のオーストラリアの政府のページにあった”I have sighted the original document and certify this to be a true copy of the original”という文章を宣言書に入れるのを忘れないようにして下さい。

また、一度作成してしまうと変更できないので気を付けて下さい。変更する場合は再度同じ料金を払うことになってしまいます。個人的には公証役場に行く前に事前に問い合わせすることをおすすめします。

 

4, チェックとマネーオーダーはどこで手に入るのか。

郵送の場合、確実にチェックかマネーオーダーによる支払いが必要となります。

マネーオーダーは郵便局で取り扱いをしていますが、オーストラリアへのマネーオーダーは口座宛のみで住所宛は取り扱いをしていません(以前はしていたようです)。

よって、チェック(小切手)による支払いのみとなります。小切手は有名な銀行に問い合わせをすれば取り扱っています。取り扱いのない銀行やその店舗もあるようなので下調べはしておいた方がいいと思われます。

 

 

以上がTraffic historyの申請についてです。 

 

まとめると、とりあえずどうしたらいいかわからない場合はTransport and motoring customer service centerに問い合わせ状況を説明をすることをおすすめします。

また駄目元でpaid_searches@tmr.qld.gov.auにメールして状況を説明してみるのもありかもしれません。

 

どちらにせよ、まずはこのどちらかに問い合わせ、指示を仰ぐのが一番いい手段であることは間違いありません。

Traffic history その1

※はじめに

これはあくまで2017年8月にTraffic history申請時の情報です。このブログにある文章及び内容に関してその正確性等、例え掲載内容に誤りがあった場合も一切責任を負いません。また、これによって確実にTraffic historyが手に入るとは限りませんし、あくまで個人の経験談をシェアしているだけですので予めご了承下さい。参考程度に見ていただけると幸いです。

 

オーストラリアでのワーキングホリデーの後、カナダにワーキングホリデーに行く方で"Traffic history"というものが必要だけれどどうやって手に入れたらいいのか、そもそもそれは何なのか、という方のためにこの記事を書かせていただきました。よかったら参考にして下さい。

 オーストラリア(QLDまたはVIC ) に渡航歴が6ヶ月以上ある方で、カナダにワーキングホリデーでいこうとしている方はTraffic hisotryという書類の提出をカナダ政府から求められることがあります。

 こちらがそのレターです。

f:id:jin_3103:20170915151549j:plain

このレターで提出を求められるのは主に2つあります。

 

 ・National Police Certificate ( 無犯罪証明書 )

 オンラインで申請。身分証明(パスポート、バンクステートメント、 クレジットカードなど)をアップロードして一定の点数をみたす。また、指定の書類に記入しサインする。10〜20日位で届きます。

 

 ・Traffic historyもしくはlicense history ( 運転履歴証明書)

オーストラリアのQLDもしくはVIC州に渡航歴が一定期間ある人はカナダ政府に提出を求められることがあります。オーストラリアの運転免許証を持っている人はオンラインとメールで申請できます。また、オーストラリアに滞在中の方はTransport and motoring customer service center, QGAP officeまたはPolice stationにて申請できます。(滞在中の方はここへいって申請することをおすすめします。)

自分は以上にケースに該当せず、オーストラリアの運転免許証を持っていませんでした。(国際免許証はもっていました)

 

さて、ここからこの記事は主に"オーストラリアの免許証”をもっていない方のTraffic historyの申請方法"について書いていきます。

 

 

 まずオーストラリアの免許を持っている方

www.qld.gov.au

ここからオンラインで申請ができます。また、オーストラリア国内にいる方は直接Transport and motoring customer servise centerに直接いく事で申請が早くできるでしょう。

・Cost (費用) : $23.25

・Evidence of identity (身分証明書) : オーストラリアの運転免許証、クレジットまたは

 デビットカード、パスポートなど指定の3点

 

※Evidence of identityについてはこちら(https://www.qld.gov.au/transport/licensing/driver-licensing/identity )を参照。

 

 次にオーストラリアの運転免許証を持っていない方は...

レターには運転免許証を持ってない方も「持っていない」ということを証明するように、とあります。よって運転したことすらない方も提出しなければなりません。

ですがオンラインでTraffic historyを申請するにはオーストラリアの運転免許証に書いてあるナンバーがいります。でも運転免許証がない、という。

 

まず一つ言えるのはそれでもTraffic hisoryは取得できるかもしれません。

 

それについては次の記事で書いていきます。